静岡で緑内障の治療を早めに受けて良かった

進行すると失明する可能性が大きい

私が受けたのはまだ初期の頃だったのでまだマシなのですが、本当にひどいとほとんど失明したのと同じくらいになってしまうので生活にも支障をきたしてしまうことがあるということです。
治療を受けても治らないのになぜ通ったのかというと、これ以上症状がひどくならないためです。
早く行うことで目が見えにくくなるのを抑えることが出来ますし、その方法も大変な思いをしなくてすむので安心出来ます。
私の場合は早期発見だったので点眼薬を使ったもので行いました。
目薬を使ってこれ以上ひどくならないようにするのですが、これだけでいいのかというと定期的に検診を受ける必要があります。
きちんと毎日使うことで症状を抑え、視力を保つようにしていたのです。
怪我や転倒などをしないように家族はとても気を使ってくれましたし、病院でも看護師の方たちが手をとってくれていたので安心して動くことが出来ました。
緑内障は初期のころにはとてもわかりにくい症状なので自分が検診を受けることで気がつくことが多いです。
自分が出来ることをはじめにしておくことで、視力を保って目の健康を保つことが出来るのです。
わからないことや不安なことがあったときには自分から積極的に確認をしておくことをおすすめします。
静岡に通わなくても良くなったのは本当に落ち着いた頃で、自分がなんとかしなくてはと思いはじめた頃から1年は経っていました。
視力は落ちたし視野は少しだけ狭くなってしまいましたが自分が出来ることはすべてやり尽くしたので、なんとか生活も出来るようになっています。

緑内障予防にはこまめな健診が重要進行すると失明する可能性が大きい目の健康は自分で守る早めの診断がカギ